10ミニッツファイト!の巻

釣行No.022 2016/7/17

KINGファミリーと行く久しぶりの夜釣り。KINGママに面白い釣りを見せてあげられるのか?

10ミニッツファイト!の巻
登場人物:KING、MMY、KINGパパ、KINGママ 4名(エキシビジョン)
 

釣行前

3連休。予定なし。

飲みに誘っても誰も来ず。
なぜか、KINGパパ、KINGママ、KINGと俺とで釣りに行く事になりました。
俺もそろそろKINGファミリーの一員だぜ(笑)

気象データ
天気 曇り時々晴れ
小潮
気温 最高29℃、最低23℃
月齢 12




7/16 16:00 出発

KINGママは釣りをせずに見てるだけと言っていた。
見てるのが面白い。

面白い釣りになるといいですな。我々もプレッシャー(^_^;)

20:00 銚子の港


3連休のせいか、いつもより人が多い。周りも夜通しやるつもりか?

我々も久しぶりの夜釣り
夜釣りは昨年 釣行No.010 2015/9/4 「衝撃!ハモにガブリ!の巻」以来。
http://griffonfc.com/hamo

最近は早朝から夕方までが定番パターンになってたからね。

時期にしては涼しめ。風もなくベタ凪。

着いて早々、KINGパパがいきなりヒット!

いいサイズのマルタウグイ!しかもヘチをサビキで。
やるなぁ~KINGパパ。

しかし、KINGがタモを用意している間にバラしてしまう。
親子のコンビネーションはイマイチですな(笑)

どうやらマルタの活性が高い。
その後パパもKINGも俺も3人ともマルタを何度かバラす。
そもそも、小さいサビキ針であの口にちゃんとフッキングしない。
掛かっても、あいつ、じっとしてるから、ウキも沈まない。
引っ張ってみて掛かってるとわかる(笑)

「せいっ!」(アワセ)

キタキタ!俺の竿にもHIT。

なんだぁ~?アナゴか?

こいつ・・・。
サメ
サメ(21:00)MMY【0PT】

マルタはやっぱりKINGパパが釣り上げた。
KINGとの協定でマルタは1000ポイントに降格。だけどでかいっ。

マルタ
マルタ(23:38)KINGパパ【1000PT】 55cm

水面にライトを当てると、でかいマルタがうじゃうじゃいるのが見える。

時折ジャンプして、期待は持てる。

でもマルタを専門に狙うのもシャクなので、あくまでも運良く掛かればというスタンスで。

2:50 江頭タイム

時計を見ると今、2時50分。ちょうど江頭タイム(笑)

この時間は釣れなくてヒマなので、リアルタイムでブログ下書きをしたためてみる。

ああ、釣れない。。。

そして蚊が激烈に多い。。。

あまりにも釣れない時間が長い。

夜はこんなにも長かったのか。

久しぶりのこの感覚。

チャプチャプ

バシャーン。(ライズ)

魚はいる。

まあ、ボラとマルタですけど。

こりゃ朝まで待つしかないなー。

なんなんだ?この文章は。

3:30 謎の生命体

うっすらと明るんできた。

ん?針になんか付いてる。

何だコレ?

ゼリー状でうねうね動いてる。
ウミウシタイプかなぁ。イソギンチャクなのかなぁ。
まあ、KING寝てるし、報告するほどでもないし、一人で処理しちゃお。

4:30 あー!俺のケースが!

あ、サビキがKINGの竿とお祭りしてるわ。
結構複雑にからんじゃった(汗)

KINGは車の中で休憩モード。

まあいいや。こっそりと一人でほどこう。(´Д`ι)アセアセ

”バキバキッ!”

背後から破壊音。

「あー!俺の道具ケース!」

KINGの車にひかれた!

粉々になったプラスチックの道具ケース。
散乱する道具。
タイヤに巻き込まれたバッグ。

「何してんのー!」

KING「車の場所を移動しようと思って・・・・」

待てい!まだ動くな。

車の下に竿。

危機一髪。
助手席側の外に道具一式を置いておいたのだけど、運転席からは死角
俺の全ての道具を車に巻き込むKING。

被害は幸いにも道具ケースのみ。

あぶね、あぶね。

釣り人生終わるとこだった。

カレイ釣れたよー。

木っ端カレイ(5:22)KING【1000PT】

じゃねーし!(笑)

5:00 サバ、イワシが回ってきたよ

ついに小サバたちが釣れだした。
KINGママも釣ってる。
入れ食いではないにしろ、隣の子供も釣ってる。

俺には


大物。平べったいゴム。。。

KINGから出世払いで小サバを1匹もらい、泳がせ仕掛けにセット。

6:30 ラストチャンス

「MMYさん、みんなもう満足してるんで、釣れたら終わりで。」

あ、今日はそんな感じなの?
どうする?俺。いい感じで終わりたいけど。
なんか、タイミング?悪くてサバも釣れない。
マルタも針掛かりしないし、もう喰わない。
ブッ込んでも、エサも取られない。
さっき泳がせたサバもいつの間にか死んでる。

まあ、既に心折られています(笑)

「サバ1匹まだ生きてますよー。」

おお、救世主。このサバに全てを託す。

サバ投入。いい感じに降りていく。

すぐにアタリ!

「おっしゃー!」

アワセも決まったー!

お、重い。

「ジーーー。」

ドラグが出ていく。

「感覚的には特大ヒラメかマゴチクラス!」

最後の最後にやっぱり俺持ってる!

丁寧に。丁寧に。

「ジーーーーーー!」

やっべ、走る。

「え、青物か?」

このパワー。カンパチとかイナダとか。

ライン切られるぅーー。耐えろ。

オーディエンスが増えてくる。

今日一番の盛り上がり!

「エイだよ。」

寄ってきた隣のヒラメ師。

「サバ投げたでしょ。間違いない。」

なんて夢のないこと言うんだ。ちくしょー。

これは座布団ヒラメですよ!

と、思いつつも、全然寄ってくる気配がない。
言われると、この重戦車の如くの引っ張り。エイなのか?
ラインも相当出されたので、ドラグをキツ目にして、半ば強引に引いてみる。

道糸は5号。ハリスは自作6号。
竿は磯竿5号。リールはDAIWA3000番。

勝負じゃ!

竿を相当しならせて無理に引きよせる。
それでも負けるほどのパワー。
やっとこさ浮いてきたのは・・・

やっぱりエイ!(7:17)

それも特大!

絶対タモに入らないサイズ。

推定直径1m。重さ10㎏。

エイ

ああ、興奮。

ファイトタイム10分。もうヘトヘト。
引き上げても処理に困るし。
ラインを切ってお別れしよう。

さよなら。エイ子ちゃん。
上げられなかったというより、あえて上げなかったという話です。
ヒラメや青物じゃなくて、悔しさも半々。

8:00 納竿

【本日の釣りタイム 20:00~8:00 12時間】

もう、どうしょうもうないくらいの悪い釣果の中、
最後のエイとのファイトでドラマチックフィナーレ。
船でヒラマサと格闘するってこんな感じかなー。

KINGママにも面白い釣りを見せることができて満足。
何回釣りに行っても、中々この引きは見せてあげられないので、良かったです。

ここのところ、泳がせで3回連続HIT。マゴチ、ヒラメ、エイ。
やっぱりノッてる。

今回、エイに使用していた自作ハリスはこちら。

6号のナイロンラインに投げ釣り用のパイプを通し、カラミ軽減。
針はワーム用のオフセットフックを使用。
チモトが長いので、鋭い歯でラインが切れるのを予防。
タコベイト(ダイソー製)でアピール力上昇。

ウツボが来ても大丈夫!

みんなこれでエイを狙ってみよう!(笑)

12:30 帰宅

数えたら蚊に45ヶ所刺されてました。(写真自粛)
なぜか、ヒザを中心に。
何をしても無理です。俺の血は相当美味しいらしい。

釣果

【優勝】<1000pt>  KING
・・・・・木っ端カレイ1000pt、小サバ等0pt
【優勝】<1000pt> MMY
・・・・・エイとのファイト1000pt(特別ポイント)、サメ0pt

同点優勝。でもあの木っ端カレイは300ptでも良かったかな。
「エイとのファイト」はKINGが初回限定で1万ptでもいいと言ってくれたけど、
年間考えるとバランスが悪くなるので1000ptとしました。

スポンサーリンク
レクタングル大