ボロボロのルアーにホロシールを貼ってみよう!の巻

釣り具のDIYはアングラーの楽しみの一つ。下手くそでもいいんです。楽しければ。

ボロボロのルアーをホロシールで補修してみよう!の巻

ボロボロのメタルバイブGET!

こんにちは。MMYです。

この間、メルカリで安くメタルバイブを仕入れました。

ビッグバッカー

■ジャッカル ビッグバッカーメタルバイブ 107mm/27g 2個

■ジャクソン 鉄板バイブロング 110mm/28g

メタルバイブは根掛かりして頻繁にロストしてしまうので、

3個で1,111円というのはかなりお買い得。

普通に新品を購入すると3個で3~4,000円。

だけど、見ての通り、痛みがかなりあります。




ビッグバッカー現状

ビッグバッカーの青いヤツはキズもありますが、塗装がかなり剥げているのが問題です。

せっかくの良いルアーなのに、フラッシング効果が薄れてしまってはもったいない。

これは自分でキラキラに修理しなければと思った次第です。

材料

はっきり言って、僕は不器用だし、専門的な技術も持っていません。

でも、やってみたくなっちゃうんだよね(笑)

こういうDIYもアングラーの楽しみの一つ。

まずはホログラムシートを用意。

いろいろ種類がある中で、伸びて貼りやすいというこちらを選択。

ストレッチホロ カスタム C-05 ブルピン
OFFICE ACCEL(オフィスアクセル) ストレッチホロ カスタム C-05 ブルピン

Amazonで437円でした。

あとはダイソーで買ったデザインナイフ。

写真はないけど、マニュキア用のクリアのトップコート。こちらもダイソー。

ルアーの塗装を剥がす

まずは最初に古くなった塗装を剥がします。


デザインナイフでシュッ、シュッっと。

今回は頭と腹の部分はそのまま使うので、背中側だけを剥がしました。

ルアーにホログラムシートを貼る

ホログラムシートを大体のルアーの形にカットして貼り付けます。

カットしたシートを勢いのままにエイヤッとルアーに貼り付けます。

シートのはみ出た部分はデザインナイフでカットします。


逆側はほのかにピンク入り。

最後に穴の部分を開けて、トップコートを数回に分けて塗れば完成です。

心配な方はウレタンコートを行うと、耐久性があがるようですが、

今回は中古品ですから、できるだけお金を掛けずに補修しました。

補修前、補修後

補修前と補修後の比較画像を貼ってみます。

補修前

補修後

若干貼り方は難がありますが、個人的には満足できる仕上がりになりました。

このように釣り具をカスタムするのも釣りの醍醐味。

みなさんも、お時間あればやってみてください。