MMYが止まらないの巻【釣行記】

釣行No.021 2016/07/02
GFC Super Battle Cup 第5戦

前回マゴチを釣ったMMYは更なる釣果を目指し、泳がせ釣りにチャレンジ!

MMYが止まらないの巻
登場人物:KING、T-ZO、MMY 3名
  

釣行前

前回のマゴチに“味をしめ”“アジを締め”にいつもの南房総の港へ向かう。

お、うまい。

前回の釣行は 釣行No.020「3回釣られるウツボくんの巻」 を参照。

3回釣られるウツボくんの巻【釣行記】
6月の猛暑日に釣行に出かけたGFC。大物2種との大格闘ドラマ。

それはさておき、2週間ごとに土曜日が大潮になるゴールデン潮もズレ、今回は中潮。

気象データ
天気 曇り
中潮
気温 最高25℃、最低21℃
月齢 27

2週間前に20ヶ所以上ブヨに刺されまくったMMYは今回はフル装備。
もうあんなカユい思いはしたくない。
2週間でムヒを1本使い果たした(笑)

日焼けも要注意。

前回同様、いい感じに梅雨の間の貴重な晴れの日。あ、くもりか。
会社で俺の腕の黒さが話題になることもしばしば。。。
残念!まだ夏前ですから!



7/2 0:00 出発

いつものごとく、KING家を出る。
実はこの3人だけでの釣行は1年前のお盆ぶり。

釣行No.009「お盆に海に入ると引きずり込まれるゾの巻」 参照
http://griffonfc.com/obon

そう、あの幻のSuper Battle Cup 第1戦。
3人とも300PTでドローとなった幻の試合(笑)

あれから1年。我々は成長したのか?

「ボウズのがれをみんな使わなくなった」

とKING談。

ボウズのがれは俺の中ではリーサルウエポン的存在(笑)

千葉に入り、館山道路に向かう途中。驚愕の事実。

「館山道路 夜間工事のため、通行止め」

「えー!!」

どうする?

1、目的地を勝浦に変更

2、この辺で釣りして、工事が終わる5時に南房総に移動

3、一般道で南房総に強行

迷った挙句、3の強行作戦に。

4:30 南房総の港到着

山道を抜けて、4時間半かかったけど、なんとか辿り着いた。
辺りは明るくなり、もやがかかっている。
湿度がすごい。

竿をセッティングすると、早速のHIT。
まずはKINGから。

小サバ。

前回同様、小サバ、イワシ、キビナゴが回ってる。


T-ZOが竿を出すと。


鈴なり!

うひょー。これで生き餌には困らない。
中々順調な朝。
今回の試合ではこれらの小魚はポイント対象外とすることにしました。

早速、泳がせの仕掛けをセッティング。
俺は自作の泳がせ仕掛けで爆釣を狙う。
今回6号のハリスをベースに大型の針、砂ずりを融合させた
新バージョンの仕掛けを3本作ってきた。

さて、どうなのよ。コレ。

8:00 馬糞

小魚以外の獲物がかからず、結局3時間経ってしまった。
狭いスペースに竿を何本も出しているので、それぞれがお祭。
KINGと俺と、お祭りしてしまい、外した後のイソメ竿。

未知の生命体X。

馬糞のようなフォルムで、大量の紫色の液体を出す。

どうやらウミウシ系のようだ。

そんなこんなしているうちに、俺の泳がせの鈴が鳴る。

ああ、KINGとお祭りしてるのか。。。。

否!

6号ハリスを切られていた。。。
ウツボが来てたか!?

悔やまれる。
その後も1回、イワシの下半分を食われる。

傾向としては、前回のマゴチの時もそうだったけど、

いい感じでエレベーターで生き餌が落ちていったときに当たりがある確率が高い。

このいい感じというのが課題。

生きている魚はぐるぐると回って泳ぎながら下降していく、
その時、道糸やサルカンとハリスが絡むことが多い。

いかに絡まずにいい感じに落とせるか。

要研究である。

小魚はもう充分。

死んでしまって、生き餌にならないものはKINGが下処理してくれた。

KING工場で加工。ありがとうございます。

もうこの時点で100匹ほど。

9:00 いったん朝ごはん

困った時の「海と何か」の写真(笑)

小魚は釣れる。大物は釣れない。
ちょうど干潮時間帯。ベタ凪。
小魚を釣っているため、忙しいは忙しい。
そして手がウロコまみれのため、写真を撮る回数も少ない。

ああ、やっとイソメ竿に魚。
ハゼ
小ハゼ(9:28)MMY【0PT】

どうも、イソメ関係のブッ込みの釣果が悪い。
シロギス釣れてくれてもいいのに。

12:00 ヒラメ

ああ、もう12時か。まあ、釣れない時間帯。


そんな中、俺の竿が鳴る!

ぐーんとしなる竿。

あまり、引きはなかったような。
正直期待していなかった。

「おーーーーーーーー!」

ヒラメ
ヒラメ(12:22)MMY【3000PT】29㎝

サイズは少し小さいが、ヒラメ来た!

30~40センチは「ソゲ」と呼ばれるサイズらしい。

なんか、朦朧としてたのか、興奮してたのか
あまりこのときのことは覚えていない。

エサのイワシを丸飲み。
自作泳がせの仕掛けがなくなり、急遽丸セイゴ1本針で投げてたヤツ。
ハリス2号。切れなくてよかった。

ヒラメ

いかに大きめに写真に写るか。
現場で測ったら29㎝だったけど、写真で見ると31㎝あるような。。。
今のルールでは40㎝以上は10,000ポイント。
ランクダウンすると5,000ポイントか!

KINGから物言い。

「これで5000ポイントはないね。」

まあ、確かに。
今回は特別に3000ポイントいただく。

もうちょっとルールを細かくしないと対応できないレベルに来ている。
今回のルール改正、

ヒラメは50㎝以上が10,000PT
30㎝~50㎝が5000PT
3000PTという枠はないので、30㎝未満は1000PTか?3000PT枠を新設するか?

13:00 激重シリーズ

ヒラメを釣ったすぐあと、置きっぱなしだった、俺のイソメ竿を回収。

!!!

めちゃくちゃ重い。

まあまあ。いつもの激重シリーズですが。

今回上がってきたモノは

「石!」

そりゃ重い。握りこぶし大の石でした!

写真撮ってません。。。。

16:00 夕マズメ

結局、小サバたちの群れが来たり、消えたりを繰り返し、
まあ、生き餌には困らないけど、本命のアタリは無し。
特筆すべきエピソードもなく。。。写真もない。(汗)

しかし、T-ZOの必殺技、「ハイパーパニック」の破壊力や恐るべし。

入れたら即食い。

反則感も漂う道具だ。

19:00 納竿

【本日の釣りタイム 4:30~19:00 14.5時間】

クーラーボックス最終。

第5回GFC Super Battle Cup優勝は!

MMY!

やったー!俺、5回目にして初優勝!

「初勝利おめでとうございます!」

「勝因は?」

「諦めない心ですね!」

今年になってから、カレイ、マゴチ、ヒラメとフラットフィッシュが止まらない!

24:00帰宅

あーーー!KINGカーにトロフィー忘れた!!

子どもたちに自慢するつもりだったのにー。

釣果

【優勝】<3000pt>  MMY
・・・・・ヒラメ3000pt、小ハゼ0pt、小サバ等たくさん0pt
【2位】<0pt> T-ZO
・・・・・小サバ等たくさん0pt
【3位】<0pt> KING
・・・・・小サバ等たくさん0pt

小魚は今回0ptだからね。こんな結果になりました。

お料理コーナー


小魚は約200匹。3人で山分けかと思いきや、
T-ZOが持って帰らず、KINGと適当に半々。

ヒラメをさばく
エンガワがうまく取れない。


小魚てんぷら。


サバのフライ。


サバの味噌煮。


ヒラメの刺身。


ヒラメの骨せんべい。フライ?

スポンサーリンク
レクタングル大