禁断の奥義!?ウツボ狙い!の巻【釣行記】

釣行No.039 2017/6/10
GFC Super Battle Cup 第11戦

こっそりと足元で泳がせ釣り。釣れたのはやっぱり海のギャングだ!

禁断の奥義!?ウツボ狙い!の巻
登場人物:KING、MMY、HIGA 3名
  

釣行前

ついに来た!今シーズン初の大潮釣行。
南房総も小サバがやっと回って来たという。

期待しかない!

しかし、残念ながらT-ZOは娘の発熱で欠席。

KING、MMY、HIGA、この3人での公式戦は初めてかな。
亡きT-ZOのためにも釣果を出して帰らねばならない(笑)

気象データ
天気 晴れ
大潮
気温 最高26℃、最低18℃
月齢 15
海水温 約20℃

昼間は風が強い予報。
でもこれから梅雨に入るタイミング。完璧なコンディションなんかないっ!



6/10 0:00出発

HIGAをピックアップしつつ、KING家出発。

ちなみに昨年の同じ頃は

3回釣られるウツボくんの巻【釣行記】
6月の猛暑日に釣行に出かけたGFC。大物2種との大格闘ドラマ。

ウツボとマゴチを釣ったドラマチックな回。
こりゃ、イケるぜ!

4:00 南房総の港到着


日が昇るのが早くなったなぁ。


小サバ/(5:00)みんな【??PT】

予想通り小サバが回ってきた。
入れ食いなら0ptというルール。
今回は何ポイントになるのか。
去年のこの時期よりサイズは大きい気がする。

全員「このチャンスを逃すまい」と小サバ釣りにいそしむ。


HIGAも4連に成功!
サバは動き回るので、追い食いさせるのが難しい。

これが噂の「邪道エギ」

「邪道エギ」というのは商品名だけど、これは普通のエギにサバを針金で固定しただけ。
サバがデカすぎる感じがあるが、とりあえず投げてみよう。
疑似餌にエサを付けるというまさに邪道!
これが釣れると話題なのです。

速攻サバが外れました・・・。

重すぎる。
普通キビナゴとか使うんだよね。


極小ハゼ/(6:42)MMY【0PT】
前回、銚子で釣ったのと同じぐらいのサイズのハゼ。10㎝ないので0pt。

小サバは釣れども、底物の調子が悪い。

泳がせも不発。

8:00 場所を移動

到着後4時間経過。サバしか釣れないので、手前のいつもの場所に移動。


サバと別の団体でイワシがいることが判明。
このイワシは消極的でなかなかエサを喰わない。

サバに満足し、コツコツとイワシを狙い続けたHIGA。
いつの間にか7匹GET!

ちなみに、KINGも俺もイワシを釣っていないので、1匹50ptの価値があるイワシとなる。
現在サバを0ptとすると、HIGAが単独トップ!

10:00

到着後6時間経過。
予報通り、風が強い。
KING氏のイスがふっとばされて、海の藻屑と化した・・・。


防波堤の青鬼・赤鬼とは我々のこと(笑)

俺の泳がせ仕掛け。
ちょい沖の底に沈めてマゴチ、ヒラメを狙っていたけど、
難しそうなんで、こっそりと足元に沈めておく・・・。

「リンリン♪」

キターーー!(ふふふ)

ウツボの確率80%。マゴチヒラメが20%の確率の引き。
下に潜ろうと、グイグイ引っ張られる。

やっぱりウツボ。

タモ入れ寸前でハリスが切れ、痛恨のバラシ。

実は前日にウツボを食べる動画を見た。
是非ともウツボ食べてみたい。

【大物怪魚】がオヤブッチャで釣れた!!/釣りいろは(2017/06/09 に公開)

11:00 次来たらHIGAに上げさせてあげるねー。

角をずっと陣取っていたグループが帰り、角からチョイ投げ。
シロギス/18㎝/(11:18)MMY【300PT】

いいサイズの丸々としたキスGet!
やっぱり、この角が一級のポイントだな。

再び、泳がせに当たり!
今度は対モンスター仕様のハリを使っているので、そう簡単には切れないぜ!

「!!」

タモ入れ寸前にエサを吐き出される・・・。

ちくしょー。中々上げられないぜ。ウツボ。

「次来たらHIGAに上げさせてあげるねー。」


メゴチ/12㎝/(12:08)MMY【50PT】

三度、ウツボチャンス到来!

予告通り、HIGAに釣ってもらう。
へっぴり腰ながらも今回は見事釣り上げた。

ウツボ
大ウツボ/85㎝/(12:54)MMY【1000PT】
で、でかい
HIGAに釣ってもらったけど、この瞬間俺が釣り上げたイメージに置き換えられてました。
釣果は俺がもらいます(笑)

陸地に上げると小サバを4匹吐き出した。
そして、小サバを下処理して海に捨てた頭部分も数個吐き出した。
どんだけ食ってんだコイツ。
ちなみに家で腹を開けると、もう2匹入ってた。。。

3回の当たりは同じウツボだったな。

オーディエンスが集まってくる。
これにて終了。

13:30 納竿

本日の釣りタイム 4:00~13:30(9.5時間)


GFC Super Battle Cup 第11戦

優勝 MMY!!(やっと通算2回目)

KINGから勝利者インタビューが入っています。

KING「そんなやり方でうれしいっすか?」

MMY「・・・うれしいです!」

今回、“ウツボ狙い”という禁じ手にも似た技を使った俺。
でも、初めて釣るウツボ、そして食べてみたい。
その思いがあれば理由としては充分ではないでしょうか(笑)

20:00 帰宅

渋滞って言うほどじゃないけど、交通量が多くて、KING家まで5時間かかった!

帰ってから魚の処理に2時間。

あーエネルギーゼロ。。。

釣果

【優勝】<1600pt>  MMY
・・・・・大ウツボ1000pt×1、シロギス300pt×1、
メゴチ50pt×1、サバ10pt×25、極小ハゼ0pt×1
【2位】<620pt> HIGA
・・・・・イワシ50pt×7、サバ10pt×27
【3位】<270pt> KING
・・・・・サバ10pt×27、
ハオコゼ0pt×2、極小ハゼ0pt×1

協議の結果、サバは1匹10pt。

お料理コーナー

HIGA家

あれだけ疲れて帰って、当日にこの料理。新婚さんやるね~。

MMY家

MMY家ではやっぱりサバは不評。もう持って帰りません・・・。

ウツボ

ウツボ
ウツボ。キッチンに入りきらず、尻尾部分は流しに落ちています。
85㎝でした。

ウツボを捌く!
かなり、グロい。
そして、皮も身も弾力がありすぎて、包丁が入らない。
鶏肉みたい。わかるかな?このツヤ。

ネットで捌く方法を調べても、全然よくわからないし、うまくいかない。
結果、骨をよけて、我流で解体していく。
骨が残る部分は煮付けにしたいと思います。

とりあえず。蒲焼きにして、ウツボ丼。
感想。うまいけど、普通。このためにウツボを捌く必要はないかな。
ただ、焼くと身が1/3ぐらいに縮むので注意。

ウツボの刺し身。
ゴリゴリとした歯ごたえが新食感。いつまでも口の中に残る。
若干磯臭さはあるものの、にんにく醤油で臭みを消して食べると美味なり。

ウツボのタタキ
ウツボのタタキ。土佐料理みたい。皮付きのまま、炙って食べる。
酒のつまみにサイコー。

ウツボの煮付け
ウツボの煮付け。
骨が多いところを煮付けにした。圧力鍋で10分ぐらい。
皮の部分がトロトロでコラーゲンたっぷり。甘めに煮たので美味。
ただ、骨がすごい!

以上、あのウツボから4品できました!
ウツボは攻略したので、もう釣っても持って帰らなくてもいいかな。

収支

釣果(メンバーpt平均×1円) 830円
一人あたりの釣行費用 -4,000円
今回の釣行での収支 -3,170円
2017年通算 -12,272円
スポンサーリンク
レクタングル大