プロのイラストレーターにジグを塗ってもらった!の巻

塗装がハゲたメタルジグをプロのイラストレーターに塗り直してもらった話。

プロのイラストレーターにジグを塗ってもらった!の巻
メタルジグを使っていると、塗装がハゲてきちゃいます。
まだ使えるのにもったいない!

ということで、プロのイラストレーターに再塗装を依頼をしてみることにしました。
なお、プロのイラストレーターは僕の奥さんです(笑)

今回の生け贄(笑)


今回の生け贄は55gのメタルジグ。
上は購入当時の写真ですが、ゴールドボディに背中はグリーンで塗装されています。

これが数回使用したらこうなりました。


ボディにダメージはないですが、塗装がペリペリと剥がれてきてしまいました。
目玉もないですし。



プロのイラストレーターにお願い

イラストレーターは釣りのことは全くわからないので、

「このルアーを自由に塗っていいよ。」

と魚のキャンパスを提供してあげる風に伝えました。

これはクリエイターの心をくすぐる素材だと。
条件として色は「ブルー・ピンクを使って」。

完成!

メタルジグ-ブルー・ピンク
完成度はかなり高い!
写真だと見えにくいですが、ラメがいたるところに入ってキラキラしてます。

こりゃお魚さんも黙っていないかも!

ただ、ブルー・ピンクって普通、背中がブルーなんだよなぁ。
逆になっちゃった。しょうがないか。

ちなみにイラストレーターは普段はパソコンでイラストを書いているので、
現物の塗装は素人でした(笑)

表面はしっかりウレタンコートを塗った方がいいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大