初心者が買って後悔しないロッドはこれだ!の巻

釣り初心者はリーズナブルで万能なロッドを持つべき!

初心者が買って後悔しないロッドはこれだ!の巻
釣りを初めた、初めたい方が最初に突き当たるのが、

「どんなロッド(釣り竿)とリールを買えばいいんだろ?」

という問題じゃないかと思います。

僕もまだまだ初心者を抜け切れないでいるんですが、

初心者だからこそ出来るアドバイスというものもあるんです。

そもそも釣り具は「価格と性能は比例」するもの。

高い釣り具を買えば良い性能を手に入れることが出来ると思っていいでしょう。

だから、お金を充分に持っている方はこの記事は読まないで大丈夫です(笑)

でも、釣り初心者にとって、ロッドは最初の投資。
2万円、3万円の釣り具を買うのって勇気が必要ですよね。
そんな性能の違いがわかるほど釣りしてないし。
それを買って、どれだけ釣りをするのかわからないし。

釣りが楽しくなって、最初の道具が物足りないと感じたら
値段を上げてステップアップしていくのも面白いですね。

世の中にはいろいろな釣り方があり、その釣り方用の道具が売られています。
そんなの全部買ってたらキリがありませんよ(T_T)

初心者は出来るだけリーズナブルで汎用性の高い、万能な釣り竿を買うべき。
基本的に堤防や防波堤から釣ることを想定しています。



1.長すぎる竿は買うな。

長い竿は取り回しが大変です。
初心者の方が扱うのは長くても4mぐらいまでが良いのではないでしょうか。

僕は最初の頃に5.3mの磯竿を買いました。
最近では出番が少ないです。
長いと重いんです。疲れます。

2.安すぎる竿は買うな。

2,000円ぐらいで売っている竿もあるんですが、
振り出し竿の場合、すぐにガイドの部分がブラブラになってストレスが溜まります。
釣りする以前のことでイライラするのは本末転倒。

僕が最初に買った竿はリールとセットで2,900円の投げ竿でした。
すでに封印されています(笑)

3.僕が選んだ最初の1本

安すぎず、高すぎず。
持ち運びがコンパクトで色々な釣りに対応可能。
そんな万能な釣り竿があるんです。

ダイワ  クロスビート 965TMFS(Daiwa CROSSBEAT)

あらゆる魚種とフィールドをカバーするマルチパフォーマンスロッド
■しなやかなティップで食い込ませ、粘りとパワーで引き寄せシーバス・タチウオから大型アオリイカと幅広い守備範囲の振り出しモデル。どんな状況でも卓越したポテンシャルを発揮する高度なスペックを持ちながら、破格のコストパフォーマンスを実現。

標準全長:2.9m
継数:5本
仕舞:70cm
標準自重:150g
先径:1.7mm
元径:12.8mm
適合ルアー:7~35g
適合ライン:8~16lb
適合PEライン:0.6~1.5号
エギサイズ:2.5~4.0号
カーボン含有率:95%
オリジナルリールシート
PTCトップカバー
EVAグリップ

クロスビート 965TMFSシーバス・エギング対応のルアーロッドなんですが、
エサ釣りでもシロギスのチョイ投げ、防波堤でのサビキ釣り、ブッ込み釣りでも何でも対応可能じゃないかと思います。
軽いので女性でも扱いやすく、コンパクトに収納できる振り出しモデル。

クロスビート 965TMFSはクロスビートシリーズでも一番長い竿。
(965feet=294.132m)
といっても3m弱の竿なので、海釣りではそんなに長くないサイズかな。

ちなみにTMFSとは
テレスコ(振出)、ミディアム、ファースト、スピニングの略

メーカー希望価格12,800円。
楽天とかアマゾンだと8,500円~10,000円程度で購入できます。
ちなみに僕は6,300円で買いましたのでラッキーでした。

まずはこの竿があればいろいろな釣りを楽しめるんじゃないかと思います。
自分専用の竿を持つのってテンション上がるよね!

スポンサーリンク
レクタングル大